검색
  • TIGER Trading Networks

関西のホテル市場調査

ここ数日、タイガートレーディングネットワークスでは、大阪と京都地域のホテル市場調査のため現地調査を行いました。

大阪は年間訪日外国人が1,200万人に迫る都市として、弊社にとっては、該当地域でビジネスホテル2棟の投資の諮問や助言の経験のある慣れた都市でもあり、2025年の大規模なイベントである万博や、IRの誘致が期待される潜在力の大きい都市です。

また、京都は日本最大の観光都市として、観光客の需要が重要なビジネスホテル市場としては魅力的な都市です。特に、内国人の観光客の割合がとても大きいという点が京都が持つ長所だと言えます。

大阪で一番流動人口が多い地域である梅田の姿。

大阪は2025年の万博を通じて更なる成長へ

大阪は2025年の大阪万博博覧会の開催地であり、IR(総合型カジノ)の候補地として観光需要においては東京を超えた潜在力を持っていると判断されています。弊社ではその中でも交通の利便性が高く、流動人口が多い梅田を重点的に調査しました。

弊社は梅田を中心に大規模の開発計画があり(うめきた2期など)、現在でも、日本内の高層ビルが最も密集している地域だけに、梅田は観光及びビジネスの両方とも潜在力が大きな地域だと評価しています。


京都で訪問率が一番高い観光地である清水寺の姿。

京都は日本最大の観光都市。但し、観光産業以外の需要創出の要因の不在は残念

京都は年間8千万人以上が訪問する日本内の最大規模の観光都市だが、観光需要以外のビジネス需要などでは、大阪をはじめとした大都市に比べてどこか物足りない点があると今回の実態調査を通じて判断しました。但し、内国人の観光客の割合がとても高く、外国人の観光客の減少などにも大きな影響を受けないという点などは京都が持つ長所とみられています。


弊社は今回の市場調査の結果を通じて、日本のホテル市場の地域的特色などについてもっと深みのある情報提供ができるようにする予定です。

조회 30회댓글 0개